随時更新中!コピー機に特化しているサイトならおすすめコピー機専門店ランキングOFFICIALWEBサイト

ホーム > コラム > コピー機の無難な取り扱いに関して

コピー機の無難な取り扱いに関して

 コピー機の取り扱いは慣れてしまえばどうってことはないのですが、あまり慣れていない方ですと失敗してやり直すはめになることもあります。業務で取り扱う際には、紙ももちろん会社の費用で購入しているわけですから、失敗はなるべくしないように慎重に行うのが理想です。
 ただ、忙しい時にはスピードが求められますのでその時までには慣れておく必要があります。コピー機の不調に気付いた時にも早めに上司に報告しておくなどの対応を取りましょう。自分自身で対処出来る程度でしたら問題はありませんが、少しでも不安を感じたら周りの人に声をかけた方が後々問題が大きくなるリスクをある程度は回避出来ます。大量にコピーをしているとコピー機自体に負担がかかりますので、適度に機械を休ませてあげた方が不調が起こりづらくもなります。頻繁に使用する機会があるのなら、2台以上設置していずれかを休ませる手段も挙げられます。


 コピー機で本の内容をきれいに複写する

 本や雑誌などに有用な情報が掲載されている場合があります。この時、情報を残すためにコピー機を使うことがあります。残したい部分をガラス部分に当ててスタートを押すと、一応は印刷することができます。1枚の紙に見開きが印刷された状態です。通常のコピー機ではこの印刷が当たり前なので、これしかできないと考える人もいるでしょう。
 ある機械だと、もっときれいにより本らしく複写をすることができます。1セット2コピーと呼ばれる機能を使うと、見開きがそれぞれ複写されて2枚になって出てきます。ページの境目をきちんと認識してくれ、さらに余分な影なども取ってくれます。ですから、非常にきれいな状態です。それを製本すれば本のように使えるぐらいきれいに複写することができます。イメージデータとして残すときにも、この機能を使った方がいいかもしれません。


 コピー機はコンビニに行けばいつでも利用できます

 身分証明書や書類などをコピーしたいとき、自宅にコピー機がない場合は近くのコンビニエンスストアに足を運んでみましょう。コンビニエンスストアには機能性豊かなコピー機が設置されているため、必要なときに必要な枚数をいつでもコピーできるので便利です。白黒のコピーはもちろんですが、カラーコピーもきれいにできます。また、両面コピーにも対応していますので、免許証や名刺などのコピーにも活用できます。
 コンビニエンスストアに設置されているコピー機の大きな魅力は、便利な機能が豊富に搭載されているため、さまざまなシーンで利用できる点にあります。もちろん、コピーの仕方がわからないお子さんやお年寄りの方は、店員さんに使い方を教えてもらうことも可能です。誰でも安心してコピーをとることができますので、コピーが必要なときは気軽に役立ててみましょう。

▲ ページトップへ